4月、5月、6月の残業は、しないほうがいい?

4月、5月、6月の残業は、しないほうがいい?

 こんにちは~YOSHIDAです!!!

毎日、暑い日が続きますね…

こんな日の楽しみは、家へ帰ってからの“アルコールTIME”です!

最近、ビールより、チューハイにハマり中でして^_^;

美味しいお酒があったら、教えて下さい。

 

image

 

 

 今回は、社会保険料について、書いていこうと思います。

 社会保険料には、

厚生年金保険料・健康保険料・介護保険料・雇用保険料・労災保険料があります。

 そして…毎月、引かれている↓↓↓こちらの保険料

 「厚生年金・健康保険・介護保険(40歳以上)」は、

4月、5月、6月の3カ月間の報酬の平均額を元に決定されます。

【※ 交通費、残業代、その他手当なども含まれます。

この金額を標準報酬月額の等級表に、あてはめて保険料の金額が決定します。

等級が1つ上がった場合には、保険料が毎月2,000円くらい高くなることもあるのです。

1円で、等級が変わったりします。

4月~6月の給与が、社会保険料を決定するので…

この時期に、残業多くすると、保険料が増えて、手取りが減ってしまうこともあるので、注意したいところですね( ゚Д゚)

  最後まで、読んでいただきありがとうございます(*^^)v

 

 

 

(ご相談無料)お問い合わせ・ご相談はお気軽に

お問い合わせフォーム

ブログカテゴリ

アーカイブ

(無料)小冊子プレゼント

無料ダウンロードはこちら

メールマガジン無料会員募集中!

登録する

フォレスト社会保険労務士事務所

お問い合わせフォーム

事務所ブログ

助成金無料診断

飲食店用書式集

飲食店サポート企業

会員専用ページ

メインサイトはこちら

TOP