社長が社会保険労務士と話が噛み合わない理由

社長が社会保険労務士と話が噛み合わない理由

社労士としてアドバイスを求められることがあります。

「人事制度を刷新します。」

「それによって大幅に給与が下がる人が出るのですが大丈夫ですか?」

 

よくある会話ですが、実はこの質問のぶつけ方は、とても危険です。

何に対して大丈夫かの認識が経営者と社会保険労務士で異なるからです。

 

経営者は、当然ながら経営に関わる全てに関して大丈夫かをイメージして聞いています。

一方で社労士は、労働法の専門家ですから労働基準監督署に対して説明がつくか、または裁判になったときに勝てるかという視点で回答をします。

 

一見、同じことのように見えますが、実態的には、かなり大きな違いがあります。

 

労働トラブルでの争いには3つのステージがあります。

第1ステージ:従業員さんとの今までの経緯を踏まえたやり取り

第2ステージ:労働基準監督署や労働組合等との労働法でのやり取り

第3ステージ:裁判、または弁護士とのやり取り

 

一般的に第1、第2、第3ステージと順番に進みます。

 

例えば、冒頭の質問に対して過去の判例から裁判になっても勝てると判断した社労士が「大丈夫ですよ。」と答えたとします。

これに安心した経営者が強硬な態度を取り、労使関係がこじれて第3ステージに進んだらどうなるでしょうか?

 

第3ステージでは会社が訴えられる立場ですから、仮に勝てたとしても請求を退けることができるだけで、お金が入ってくる訳ではありません。

さらに会社側に立ってくれた弁護士さんへの報酬も発生するため勝っても会社のお金はマイナスになります。

 

また、裁判を戦うために貴重な時間を取られ、かつ精神的にも負担を強いられますから、裁判になった時点で実質的には“負け”です。

 

一方で社労士は、自分の見立て通り裁判に勝てたので、経営者のために良いアドバイスをしたと認識します。

 

これが大きなギャップです。

よって、社労士には「あなたが経営者だったらどうしますか?」と聞くようにしましょう。

 

JQ171_72A

(ご相談無料)お問い合わせ・ご相談はお気軽に

お問い合わせフォーム

ブログカテゴリ

アーカイブ

(無料)小冊子プレゼント

無料ダウンロードはこちら

メールマガジン無料会員募集中!

登録する

フォレスト社会保険労務士事務所

お問い合わせフォーム

事務所ブログ

助成金無料診断

飲食店用書式集

飲食店サポート企業

会員専用ページ

メインサイトはこちら

TOP