社会保険の加入対象者が広がります

社会保険の加入対象者が広がります

平成24年8月10日に成立した適用拡大の改正法(公的年金制度の財政基盤及び最低保障機能の強化等のための国民年金法等の一部を改正する法律)によって、社会保険への加入対象者の基準が変わり対象者が大幅に増えることが予想されていました。

そして、この施行は平成28年10月ですので、いよいよ来年ということになります。

 

加入基準の変更は次の通りです。

【現行】

○所定労働時間が週30時間以上(正規雇用者の3/4以上)

 

【変更後】

① 所定労働時間が週20時間以上

② 1年以上の勤務見込み

③ 学生は適用除外

④ 月額賃金8.8万円以上(年収106万円以上)

⑤ 従業員が501人以上の企業

 

①と③については、雇用保険の加入条件と同じ運用で検討されています。

また②は、1年未満の労働契約でも更新の可能性のある場合は除外されませんので、『雇用保険加入者が社会保険加入者になる』というイメージです。

そして⑤で小規模の企業に対して配慮をしていますので、500人以下の企業は従来通りということになります。

 

詳細はコチラ社保適用拡大(H27.10.2)

 

 

外食チェーンにおける社会保険適用拡大への対策は?

 

特にチェーン展開をしている企業で社会保険に加入している労働者が500人を超えている場合、人件費に大きな影響を与える法改正ですので、加入を希望しないパート、アルバイトについて労働時間をいかに管理するかが重要ですね。

一方で、いくら管理をしても労働力が不足して週20時間以上働かさざるを得ない状況においては、工夫の余地がありません。

この場合は、労働力確保が優先順位1位の取り組みになります。

 

しかしながら、フードサービス業の人手不足は筋金入りですから、採用強化だけでは追いつかず 離職率の改善もセットで行う必要があります。

 

いままで採用にはお金をかけるが、定着率向上や離職防止にはお金をかけないという雰囲気でしたが、パートアルバイトの定着を高めるための施策に一定のコストをかけても、社会保険料の会社負担を考えると十分に吸収できるものと思います。

何から手を付けて良いか分からない場合は、満足度調査等を行い実際のスタッフの声を集め着手すべきポイントを絞ることをおすすめします。

 

JQ003_72A

(ご相談無料)お問い合わせ・ご相談はお気軽に

お問い合わせフォーム

ブログカテゴリ

アーカイブ

(無料)小冊子プレゼント

無料ダウンロードはこちら

メールマガジン無料会員募集中!

登録する

フォレスト社会保険労務士事務所

お問い合わせフォーム

事務所ブログ

助成金無料診断

飲食店用書式集

飲食店サポート企業

会員専用ページ

メインサイトはこちら

TOP