従業員の行動は、経営者が作る

従業員の行動は、経営者が作る

毎年、高卒採用を積極的に行っているという会社からご相談を受けました。

 

「採用しても、ほぼ全員がすぐに辞めてしまいます。」

「教育費用もかかっているし、辞めたら給与を支払わないようにできませんか?」

 

せっかく採用して時間、労力、費用をかけて教育したにも関わらず辞められてしまう辛さは経験してきましたので、その気持ちはわかります。

しかし、実際に働いた時点で給与は発生しているので、一方的に払わないことはできません。

 

JQ171_72A

 

新卒採用が全員辞めてしまう会社って???

 

しかし、そもそも採用した高校生がほとんど辞めてしまうこと自体に問題があると感じ、いくつか質問をしてみました。

 

そこでわかったことは、あえて高卒を採用しているのは、しっかり訓練を積ませるという趣旨でなく、単に人件費を抑制する狙いであったことと、また労働条件も他社に比べ著しく見劣りするために、他社を不合格になった高校生が行く当てがなく、応募してくるケースがほとんどということでした。

 

会社側の「従業員を安く使う」という考えと、従業員側の「行くところがないからとりあえず入社する」という考えでは、一体感は生まれるはずもなく、それが定着を妨げていました。

この例のように問題は従業員の行動として現れますが、その根本原因を作っているのは会社や経営者というケースがほとんどです。

 

一方で、定着率の高い会社では従業員の育成に力を入れるし、多少コストがかかっても経営理念に共感をできる人物を採用しています。

顧問先でも「こんな人を採用して大丈夫かな~」と思って見ていたスタッフが、経験を積むことで立派に成長して欠かせない戦力になっていることがよくあります。

 

従業員の行動は、経営者の写し鏡と言っても過言ではないでしょう。

商売と同じで、従業員との関係も『先に与える』という発想が大事ではないでしょうか。

 

 

JQ009_72A

 

 

(ご相談無料)お問い合わせ・ご相談はお気軽に

お問い合わせフォーム

ブログカテゴリ

アーカイブ

(無料)小冊子プレゼント

無料ダウンロードはこちら

メールマガジン無料会員募集中!

登録する

フォレスト社会保険労務士事務所

お問い合わせフォーム

事務所ブログ

助成金無料診断

飲食店用書式集

飲食店サポート企業

会員専用ページ

メインサイトはこちら

TOP