飲食店、レストランのための就業規則のひな形ってあるの?

飲食店、レストランのための就業規則のひな形ってあるの?

飲食店、レストランで使えそうな就業規則のひな形はありませんか?

という相談をよく受けます。

 

就業規則は、『働く上でのルール』を明文化したものです。

すなわち『働く上でのルール』が主、『就業規則という冊子』が従という関係です。

よって、ひな形や他社の就業規則をそのまま用いるとその会社の『働く上でのルール』まで受け入れたことになります。

当然、会社や店舗によって営業形態も異なりますから不具合が生じます。

よって、自社に合ったものを作っていく必要があります。

 

よい就業規則と作るためには、この『働く上でのルール』を労働基準法に合致させていくプロセスを経るのですが、実はここにレストランの就業規則作りの難しさがあります。

 

労働基準法は、元々工場労働を前提に設計されたもので、労働時間について1日8時間、1週間40時間以内という枠を定めています。

 

製造業や法人向けのビジネスの場合には

・始業時刻9時、終業時刻18時、休憩60分

・所定労働時間 8時間

・休日 週2日

と定めれば、この枠に自動的にはまりますので、労働基準法に合致させることに難しさはありません。

 

一方で、外食産業の場合は、一般の人が休憩するランチタイムや休日が稼ぎ時ですから、製造業や法人向けビジネスの会社のようなルール設計はできません。

 

また曜日や日によって繁閑の差が激しかったり、営業時間の長さの影響を受け1日の労働時間が長くなったり、固定的な勤務体系にすることも難しいでしょう。

 

このため外食産業は、『働く上でのルール』を労働基準法に合致させにくく社会保険労務士にとっても難易度の高い業界の一つと言えます。

 

JQ051_72A

 

飲食店、レストランの労務管理に欠かせない変形労働時間制

 

一方で、労働基準法はそんな事情を考慮して、いくつかの救いの手を差し伸べています。

 

外食産業にとって、最も便利な仕組みは、『変形労働時間制』というものです。

これは、一定の期間を平均して1週間の労働時間を40時間に納めればよいという制度です。

 

例えば、1日6時間労働の日を作れば、他の日を10時間労働にしてもよく、1週30時間労働の週を作れば、50時間労働の週を作っても良いことになります。

 

分かりやすく言うと日や週によって労働時間を貸し借りすることができるのが変形労働時間制のイメージです。

 

この制度を導入するためには、いくつかのルールがありますので、実際の運営と折り合いをつけながら作成していきます。

 

「実際の運営と就業規則がフィットしていない…」と感じる場合は、変形労働時間制の導入を検討してみましょう。

 

これを活用することにより、無駄な拘束時間を減らし総労働時間を圧縮することができますので、働く側からすると家族との時間などを増やすことができ定着率を高める一助になりますし、会社も不要な残業代を削減することができます。

 

このような労働環境への取り組みは、早ければ早いほど効果が大きくなりますので優先的に見直しましょう。

 

JQ189_72A

(ご相談無料)お問い合わせ・ご相談はお気軽に

お問い合わせフォーム

ブログカテゴリ

アーカイブ

(無料)小冊子プレゼント

無料ダウンロードはこちら

メールマガジン無料会員募集中!

登録する

フォレスト社会保険労務士事務所

お問い合わせフォーム

事務所ブログ

助成金無料診断

飲食店用書式集

飲食店サポート企業

会員専用ページ

メインサイトはこちら

TOP