ブラック社員の生みの親は誰?

ブラック社員の生みの親は誰?

権利主張ばかりして働かない社員がいるのですが、どうしたらいいですか?

いわゆる“問題社員”に関して、よく相談を受けます。
いままでの相談を振り返ると2つ言えることがあります。

 

1つは、このような相談が全くない会社があるということです。
一方で、一難去ってまた一難という形で頻繁に相談がある会社があります。

 

2つ目は、“問題社員”に新人は、ほとんどいないということです。
少なくても3年以上働いて業務内容や会社のことを熟知している方がほとんどです。

 

よって、“問題社員”はもともと“問題社員”であったのではなく、入社して一定期間を経て“問題社員”に成長したと言えます。

 

巷では“問題社員”対策として、採用時の適性検査がクローズアップされていますが、このことから、その効果は限定的と言えるでしょう。

 

JQ095_72A

 

先日、“問題社員”について頻繁に相談がある会社に訪問して、実際に“問題社員”を指導する現場に立ち会わせてもらいました。

 

指導が必要となっている行動は、以下のようなものです。
・上司に相談せずに、仕事のルールを変更してしまう
・自分の勤務時間を勝手に変えてしまう
・与えられた目標に全く到達していない

 

これらについて上司が指導するのですが、話を逸らされ逆に上司としての立ち居振る舞いや会社の方針についてダメ出しを受けるというやり取りが続いていました。

 

このシーンを見て日常的に指導していないし、上司自身も今まで指導されて来なかったため指導の仕方がわからないのだなと感じました。

上司がお手上げという状態で黙り込んでしまったので、代わりに私が面談をして改善策とその期限を本人に設定させましたが、後日退職したとの報告を受けました。

 

誰でも入社当時は謙虚な姿勢で仕事に臨み、指導に対しても素直です。
しかし、ある程度仕事に慣れ自信がつくと徐々に謙虚さは薄れて、時には魔が差し誤ったことをやる場合があります。
その時にきちんと指導できるかが、重要な分岐点になります。
ご紹介した“問題社員”も日常的に指導が出来ていれば、“問題社員”にならずに戦力として活躍していたかもしれません。

 

間違った行動に対して、きちんと指導する文化がある会社からは“問題社員”は生まれません。
貴社には、指導する文化がありますか?

 

(ご相談無料)お問い合わせ・ご相談はお気軽に

お問い合わせフォーム

ブログカテゴリ

アーカイブ

(無料)小冊子プレゼント

無料ダウンロードはこちら

メールマガジン無料会員募集中!

登録する

フォレスト社会保険労務士事務所

お問い合わせフォーム

事務所ブログ

助成金無料診断

飲食店用書式集

飲食店サポート企業

会員専用ページ

メインサイトはこちら

TOP