書籍紹介 「江頭匡一にしかられて」

書籍紹介 「江頭匡一にしかられて」

仕事柄、経営者の方々にじっくりとお話を聞かせて頂くことがあります。 一人として全く同じ考えの経営者はおらず、やっている商売や働いてきた環境などにより、ものの捉え方や価値観が形成されるのだなと実感させられることが多々あります。

 

一方、会社単位で考えると“価値観をいかに共有するか”がとても大事だと思います。

しなしながら、自ら全てのリスクを背負う創業社長その会社に就職した従業員 の考えは対極的で、そのギャップをどう埋めるかが企業の成否を分ける大きな要素の一つでしょう。

今回のご紹介はこの本です。

 

江頭匡一にしかられて  著者:梅谷 洋次さん  出版:商業界

 1

 

 

ロイヤルホストの創業者で怖い社長の代名詞でもある江頭匡一さんについて、側近で事業の拡大に尽力された著者が面白く、かつ強烈なエピソードを交えて、従業員の立場から見た創業者の想いの強さを表現されています。

 

創業者本人や評論家が書いたのではなく、傍らで叱られ続けた立場で、一部理不尽さも感じつつ創業者というものを分析的に表現されているので、理解しやすい内容になっています。

 

課題への取り組みに対して、「いいか、教えておくよ。 自分で手を当てないと改善できない。 自分で行動しないと身につかない。 自分が苦労した分だけ身につく。 身についた経験は一生の財産になる、誰からも取られない。」と指導を受けたエピソードが紹介され、他人に頼ることができない環境で矢面に立ち続けた、たくましさが伝わってきます。

 

また、我が子と会社を比較して会社を優先することや、たまたま訪れた店舗の掃除が行き届いていないのを見ると、我慢できずにその場で掃除を始めてしまうという“私の会社”という感覚は、与えられた役割の範囲で働いている普通の役員や従業員の感覚と大きくかい離しています。

 

会社を成長させる上で“創業社長とどれだけ近い感覚を持つ従業員を育てられるか”が大切で江頭さんは、常にその戦い(=叱る)を続けていたように感じます。

そして、その戦いに妥協がなかったので、これだけの大きな企業を作り上げることができたのではないでしょうか?

私自身、同じ業界で社会人の基礎を学んできたため、初心に帰り背筋の伸びる一冊でした。

 

(ご相談無料)お問い合わせ・ご相談はお気軽に

お問い合わせフォーム

ブログカテゴリ

アーカイブ

(無料)小冊子プレゼント

無料ダウンロードはこちら

メールマガジン無料会員募集中!

登録する

フォレスト社会保険労務士事務所

お問い合わせフォーム

事務所ブログ

助成金無料診断

飲食店用書式集

飲食店サポート企業

会員専用ページ

メインサイトはこちら

TOP