1か月単位の変形労働時間制(シフト表)

1か月単位の変形労働時間制(シフト表)

飲食店の勤務体系に最も適した勤怠管理は、1か月単位の変形労働時間制でしょう。

一般的に労働させることが可能な時間は、1日8時間、1週間40時間と労働基準法で定められています。

 

しかし、外食産業では曜日ごとの繁閑の差や祝日の並び、スタッフの充足度により、1日8時間、1週間40時間という枠に収めることが困難です。

 

1か月単位の変形労働時間制は、そんな悩みを解決してくれる勤怠管理の仕組みです。

簡単に説明すると、1か月を平均して1週間40時間に収まるシフトを作成すれば割増賃金の支払いなしで

1日8時間、1週間40時間の枠からはみ出ることが認められます。

 

是非活用して勤怠管理の適正化に取り組みましょう!

 

月間シフト表

 

JQ175_72A

(ご相談無料)お問い合わせ・ご相談はお気軽に

お問い合わせフォーム

ブログカテゴリ

アーカイブ

(無料)小冊子プレゼント

無料ダウンロードはこちら

メールマガジン無料会員募集中!

登録する

フォレスト社会保険労務士事務所

お問い合わせフォーム

事務所ブログ

助成金無料診断

飲食店用書式集

飲食店サポート企業

会員専用ページ

メインサイトはこちら

TOP