レストランでスタッフを採用するときに知っておきたいこと

レストランでスタッフを採用するときに知っておきたいこと

レストランを開店した当初は家族や知人と一緒に働き、労働契約書や労働基準法などを気にすることは、ほとんどないと思います。

また、教育やモチベーションアップなどに気を遣う必要はありません。

 

しかしながら、レストランが軌道に乗り始めたら人手が足りなくなり、新たな人を採用することになります。

 こうなったら今までと、まったく異なる新しいステージが待っています。

 

例えば…

【従業員と信頼関係を築くために】

・きちんとタイムカードに基づいて給与計算をしないといけない

・残業代や深夜勤務手当を計算しないといけない

・給与を支払う際には所得税、住民税、社会保険料をひかないといけない

・年末調整をしないといけない

・労災保険に加入しないといけない

・雇用保険に加入しないといけない

・労働契約書を交わさないといけない   など

 

【売り上げを上げるために】

・ハローワークや採用媒体を活用する

・採用面接や適正検査を実施する

・店舗作業の標準化やマニュアルを作成する

・教育カリキュラムを整備する

・評価の仕組みを作る   など

 

JQ148_72A

 

 

「何とかしたい」という思いを誰が解決してくれるの?

 

これらのことを行うには、一定の知識が必要ですし、手間とコストがかかります。

調べ物をする時間もないし、毎日の営業で忙しいし、無駄な経費もかけたくないということで、問題が顕在化してから慌てて手を打つというケースが、現実的にとても多いです。

しかしながら、「このままではいけない」という不安も常に心の片隅にあります。

 

こんな時に活用できるのが、社会保険労務士です。

給与計算や社会保険手続きのアウトソーシング先というイメージがあるかもしれませんが経営者のブレーンとして次のステージに導くサポートをする人事コンサルタントでもあります。

当然、費用も掛かりますが、社会保険労務士がサポートできる仕事の中に「助成金の申請」があります。

 

雇用に関する助成金は、かなり種類があり、どの会社でも活用するチャンスがあります。

社労士を活用し、助成金の提案も一緒にしてもらうことで、実はかなりの費用をカバーすることができます。

 

これにより、経営者はメニュー開発や販売促進に専念できるようになるので更なる飛躍のチャンスが広がります。

JQ168_72A

(ご相談無料)お問い合わせ・ご相談はお気軽に

お問い合わせフォーム

ブログカテゴリ

アーカイブ

(無料)小冊子プレゼント

無料ダウンロードはこちら

メールマガジン無料会員募集中!

登録する

フォレスト社会保険労務士事務所

お問い合わせフォーム

事務所ブログ

助成金無料診断

飲食店用書式集

飲食店サポート企業

会員専用ページ

メインサイトはこちら

TOP