フランチャイジー(FC加盟店店主)は労働者?

フランチャイジー(FC加盟店店主)は労働者?

司法での判断ではありませんが、東京都労働委員会で驚くようなジャッジが下されました。

 

大手コンビニエンスストア「ファミリーマート」の加盟店の店主で作る団体が、会社が団体交渉に応じないのは不当だとして救済を申し立てたことについて、東京都労働委員会は16日、「フランチャイズ契約の加盟者も労働組合法上の労働者に当たる」という判断を示し、会社側に団体交渉の申し入れに応じるよう命じました。

 

大手コンビニエンスストア「ファミリーマート」の加盟店の店主で作る「ファミリーマート加盟店ユニオン」は、平成24年9~10月、フランチャイズの再契約をするかどうかを決める判断基準について会社側が団体交渉に応じなかったのは、労働組合法が禁じる不当労働行為に当たるとして、東京都労働委員会に救済を申し立てていました。

 

FC加盟店店主は、労働組合法上の労働者として、団体交渉(労使交渉)に応じるべき

 

命令書では、店主らについて「会社に対し労務提供しており、不可欠な労働力として組織内に組み入れられている」と指摘、団体交渉に応じ、同様の行為を繰り返さないとする文書を組合に交付するよう、同社に命じました。

 

コンビエンスストアのフランチャイズ契約の加盟者を「事業者」ではなく「労働者」と認める判断は全国で2例目で、去年3月に岡山県労働委員会が「セブン-イレブン・ジャパン」に同様の命令を出していて、現在、中央労働委員会で再審査が行われています。

 

この判断は、コンビニエンスストアに限られたものでなく、フランチャイズで展開をするレストランにも共通する内容です。

労働組合法に定める労働者となった場合、労働条件について交渉を求められた時には応じなければなりませんし、究極的にはストライキなどをされても損害賠償請求ができないことになります。

 

よって、従来のフランチャイズでの展開のメリットが一つ消えた形になります。

予防としては、個人ではなく法人とのFC契約を原則とすることだと思います。

また、現状で個人事業主との契約を締結している場合は、法人への切り替えを促していきましょう。

(ご相談無料)お問い合わせ・ご相談はお気軽に

お問い合わせフォーム

ブログカテゴリ

アーカイブ

(無料)小冊子プレゼント

無料ダウンロードはこちら

メールマガジン無料会員募集中!

登録する

フォレスト社会保険労務士事務所

お問い合わせフォーム

事務所ブログ

助成金無料診断

飲食店用書式集

飲食店サポート企業

会員専用ページ

メインサイトはこちら

TOP