飲食店の労働時間の限度には特例があると聞きましたが?

飲食店の労働時間の限度には特例があると聞きましたが?

原則的な取り扱いとして労働時間は次の2つで縛られています。

①1週間につき40時間以内

②1日につき8時間以内

 

これを超えて勤務してもらうためには、従業員さんの合意を得て、労働基準監督署へ

届け出る必要があり、実際に超えた場合には時間外労働として通常よりも割増した

給与を支払う必要があります。

 

しかしながら、外食産業・飲食店を含めたいくつかの業種で、従業員が10人未満の場合

①の時間を、40時間から44時間とする特例があります。

 

1日8時間勤務した場合、通常であれば5日しか出勤することができませんが

(8時間×5日=40時間)

この特例を使用すると、時間外労働の割増なしに、さらにもう1日4時間勤務してもらう

ことができます。

(ご相談無料)お問い合わせ・ご相談はお気軽に

お問い合わせフォーム

ブログカテゴリ

アーカイブ

(無料)小冊子プレゼント

無料ダウンロードはこちら

メールマガジン無料会員募集中!

登録する

フォレスト社会保険労務士事務所

お問い合わせフォーム

事務所ブログ

助成金無料診断

飲食店用書式集

飲食店サポート企業

会員専用ページ

メインサイトはこちら

TOP