就業規則を作るメリットは何でしょうか?

就業規則を作るメリットは何でしょうか?

現状でも従業員と何らかのルールがあると思います。

 

それは「ルールブック」や「ハウスルール」などと言う呼称で作成されていたり、休憩室の壁に1枚もので張り出されているかもしれません。

 

これを作成した理由は、会社または共に働く仲間として従業員にやって欲しいこと、またはやって欲しくないことを明確にすることで、不要なトラブルを避け、お互いが気持ちよく働ける環境を整えることとだと思います。

 

基本的に就業規則とは、それらの延長線上にあるものと理解していただければ良いと思います。

よって就業規則を作成すると、現状のルールの質が上がり、不要なトラブルの回避やより気持ちよく働ける環境が整備てきるということです。

 

さらに副次的なメリットが2つあります。

1つは、良い人材が定着しやくすなるということです。

就業規則が整備されているレストラン、店舗であれば、きちんとした人材が定着し、逆にルーズな人は居心地が悪くなり離れていきます。

結果的に仕事に真面目に向かう人材だけが残るようになります。

 

2つ目は、助成金の活用です。

雇用関係の助成金を活用するために就業規則が必要になることが多くあります。

よって、就業規則を作成しておくことにより活用できる助成金が増えますので、経費削減に大いに役に立ちます。

 

特に多くの従業員を雇用する外食産業において就業規則は、とても効果を発揮しますので是非、就業規則を整備しましょう。

(ご相談無料)お問い合わせ・ご相談はお気軽に

お問い合わせフォーム

ブログカテゴリ

アーカイブ

(無料)小冊子プレゼント

無料ダウンロードはこちら

メールマガジン無料会員募集中!

登録する

フォレスト社会保険労務士事務所

お問い合わせフォーム

事務所ブログ

助成金無料診断

飲食店用書式集

飲食店サポート企業

会員専用ページ

メインサイトはこちら

TOP