制度導入は人事コンサルタントの方が良いのでしょうか?

制度導入は人事コンサルタントの方が良いのでしょうか?

社員の能力開発や職場の活性化のために、一定の規模になると人事制度の導入が必要になります。

この際に誰(どこ)に依頼すべきか?が重要になります。

 

真っ先に頭に浮かぶのが、『人事コンサルタント』ではないでしょうか?

人事コンサルタントに依頼すると、確かにしっかりとした制度を構築してくれますし、カッコよく仕上げてくれる印象があります。

 

しかしながら、実際に人事制度を運用した経験のある方からすれば当たり前ですが、人事制度は構築するよりも、運用し続けることの方が難しいです。

「人事制度を導入したが、実際に動いていません…」という会社が山ほどある現実からも間違いないでしょう。

そうなると導入して終わりではなく、運用までサポートしてくれるところに依頼する方が良いでしょう。

 

また、人事制度は労働条件の一部になりますから、労使間の合意形成や就業規則の改定が必須ですし、そもそも人事制度が労働基準法に抵触していないかのチェックも必要になります。

外食産業の某大手ファストフードチェーンで店長を管理職として取扱い残業を払っていなかったものの、これが認められず未払い残業となってしまった事例もありました。

そうすると、労働法に精通していない『人事コンサルタント』が作る人事制度は怖いということが言えます。

 

これらのことを考慮すると社会保険労務士であれば、顧問契約を結ぶことによって継続的にフォローを受けることも可能ですし、労働法への精通という部分で問題はありません。

この理由から社会保険労務士への依頼をおススメしています。


(ご相談無料)お問い合わせ・ご相談はお気軽に

お問い合わせフォーム

ブログカテゴリ

アーカイブ

(無料)小冊子プレゼント

無料ダウンロードはこちら

メールマガジン無料会員募集中!

登録する

フォレスト社会保険労務士事務所

お問い合わせフォーム

事務所ブログ

助成金無料診断

飲食店用書式集

飲食店サポート企業

会員専用ページ

メインサイトはこちら

TOP