店舗の繁閑に合わせられる勤務体系はありませんか?

店舗の繁閑に合わせられる勤務体系はありませんか?

一般的には1日の労働時間は8時間等、固定的な取り扱いがされています。

 

一方で外食産業・飲食店の場合、曜日によって来客数が違ったり、アルバイトやパートの

欠勤希望が重なったりと、なかなか固定的に1日の労働時間を定めることが難しいのが実情です。

 

そのような事情を考慮して、1週間単位の非定型的変形労働時間制という方法が用意されています。

 

これは、1店舗の従業員が30人未満の飲食店等で活用でき、前週の末までに翌週の

労働時間についてシフト表などで通知すれば1日10時間、1週間40時間の範囲で

柔軟に1日の労働時間を定めることができます。

 

(ご相談無料)お問い合わせ・ご相談はお気軽に

お問い合わせフォーム

ブログカテゴリ

アーカイブ

(無料)小冊子プレゼント

無料ダウンロードはこちら

メールマガジン無料会員募集中!

登録する

フォレスト社会保険労務士事務所

お問い合わせフォーム

事務所ブログ

助成金無料診断

飲食店用書式集

飲食店サポート企業

会員専用ページ

メインサイトはこちら

TOP