茶髪やアクセサリーの着用を禁止している場合、違反する社員を処分できるのでしょうか?

茶髪やアクセサリーの着用を禁止している場合、違反する社員を処分できるのでしょうか?

減給などの懲戒処分をお考えであれば、就業規則に禁止事項と違反した際の罰則を具体的に定め、従業員に説明しておく必要があります。
しかし、懲戒処分は最終手段と考え、禁止している理由をしっかりと伝え自制を促しましょう。
従業員は、店長の本気度を見ています。

(ご相談無料)お問い合わせ・ご相談はお気軽に

お問い合わせフォーム

ブログカテゴリ

アーカイブ

(無料)小冊子プレゼント

無料ダウンロードはこちら

メールマガジン無料会員募集中!

登録する

フォレスト社会保険労務士事務所

お問い合わせフォーム

事務所ブログ

助成金無料診断

飲食店用書式集

飲食店サポート企業

会員専用ページ

メインサイトはこちら

TOP