助成金活用

飲食業のための助成金活用支援サービス

公的な支援を上手く活用していますか?
教育への投資は、効果が見えにくく回収までの期間が長いことから重要性を認識しつつも躊躇することが多いと思います。
一方で飲食業界の競争は激しく、常に人材に投資しないと良いサービスを提供し続けることは難しく、また人材への投資を疎かにしていると定着率にも影響があります。

当事務所では、貴社の強化に役立つ助成金の効果的な活用方法を提案し申請までサポート致します。

活用できる助成金は結構多い

助成金は国の政策を推進するために打ち出されるものですが、主な目的は雇用の安定や促進、技能の習得ということになります。これは、飲食業のニーズとマッチするものですから活用できる助成金は結構多くあります。
例えば、アルバイトを“採用”して“教育”を施し、正社員へ“登用”する場合など、それぞれの場面で助成金を活用することができます。また助成金を活用するためには計画的な採用や体系化された教育が求められますので、結果的に会社の労務管理能力が向上します。

サービス内容

1
貴社が受給できる可能性のある助成金をご提案いたします。
2
その中でご希望に沿う助成金があれば着手します。

費用:着手金(30000円~)、支給確定後(助成金額の30%)

導入事例

規模

社員30名、パート等30名

お客様からのご相談
コンサルティングの内容
コンサルティングの効果

(ご相談無料)お問い合わせ・ご相談はお気軽に

お問い合わせフォーム

PAGETOP

飲食業のための社会保険料適正化支援サービス

人件費の構造はどのようになっていますか?

他の業種に比べ従業員の数が多い飲食業では、人件費の管理はとても大事な項目です。とくに直接、従業員にメリットが生まれにくい社会保険料は、その仕組みを理解した上で工夫しないと収益性に影響を及ぼす恐れがあります。

当事務所では、社会保険料の適正化を通じ収益性の改善をサポートします。

1000円昇給(給与229,000円を230,000円へ増額)したケース

社会保険は標準報酬という仕組みを使っているため以下のような矛盾が生じます。

会社が負担する人件費 ⇒ 社会保険料が昇給額以上に上がり、約4,000円も人件費が増えた
  報酬 会社負担の社保料 人件費(報酬+社保料)
昇給前 229,000円 31,790円 260,790円
昇給後 230,000円 34,680円 264,680円
+1,000円 +2,890円 +3,890円
従業員の手取り⇒ 給与を上げてもらったはずなのに、手取りが約2,000円減った
  報酬 会社負担の社保料 人件費(報酬+社保料)
昇給前 229,000円 31,790円 197,210円
昇給後 230,000円 34,680円 195,320円
+1,000円 +2,890円 △1,890円

サービス内容

1
貴社の賃金台帳や申請書類などを確認し取り組めそうな項目をお調べします。
2
その中で貴社のご希望に沿う取り組み項目があれば進めて行きます。

費用:成功報酬(年間削減額の30%)

導入事例

規模

社員5名、パート等1名

お客様からのご相談
コンサルティングの内容
コンサルティングの効果

(ご相談無料)お問い合わせ・ご相談はお気軽に

お問い合わせフォーム

(無料)小冊子プレゼント

無料ダウンロードはこちら

メールマガジン無料会員募集中!

登録する

フォレスト社会保険労務士事務所

お問い合わせフォーム

事務所ブログ

助成金無料診断

飲食店用書式集

飲食店サポート企業

会員専用ページ

メインサイトはこちら

TOP